明治神宮 御朱印

皇紀2678年のスタンプのある御朱印を頂きました。
明治神宮や東京大神宮はお宮の「ノ」がないことが特徴ですね。
神宮の正式な表記だそうです。

御朱印は神楽殿で頂けます。
限定御朱印などは通年通して授与はありません。

明治神宮にはJR原宿駅より伺いました。

神宮橋を渡って・・・

どど〜んと威厳のある鳥居がお出ましです。

長い参道を進むと緑に囲まれたお社が見えてきます。

参拝の後はお楽しみの御朱印を頂きに参ります^^

右にある授与所の七五三の飾りが楽しい♪

1日に多くの挙式があるためにいつもお嫁さんに会えます。

左にある神楽殿を入ったら、右手に御朱印や祈祷の受付があります。

御朱印を頂いた後は、明治神宮内を散策します。

やはりパワースポット「清正井(きよまさのいど)」は外せません。

都会では珍しい湧水の井戸で、東京都の調査では水温は四季を通じて15度前後と一定していて、毎分60リットルの水量があり、昔から「清正井(きよまさのいど)」といわれ加藤清正が自ら掘ったとされています。

10分ほど歩いた先にありました。

澄んだ水がうまく撮れたと思った途端にスマホの電池が切れました^^;

明治神宮

御祭神:明治天皇 昭憲皇太后
所在地:東京都渋谷区代々木神園町1番1号
電話: 03-3379-9281
交通アクセス:
[南参道]JR 原宿駅下車。東京メトロ千代田線・副都心線 明治神宮前駅下車、2番出口。
[北参道]東京メトロ副都心線 北参道駅下車。JR 代々木駅下車。都営地下鉄大江戸線 代々木駅下車。
[西参道]小田急電鉄小田原線 参宮橋駅下車。
営業時間:明治神宮は日の出と共に開門し、日の入りに合わせて閉門します。そのため、月により開門と閉門の時間が異なります。
御朱印は神楽殿の受付時間は午前9時30分より午後4時までですから、参考にしてください。
拝観料:なし
初穂料:500円
神宮御苑入園料:500円

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社で、清らかで森厳な内苑を中心に、聖徳記念絵画館を始め数多くの優れたスポーツ施設を持つ外苑と、結婚式とセレモニー、パーティー会場の明治記念館とからなっています。

鬱蒼と茂った緑したたる常磐の森は、神宮御鎮座にあたり、全国から献木されたおよそ10万本を植栽した人工林です。面積は70万平方メートル、豊かな森に成長し、国民の心のふるさと、憩いの場所として親しまれています。
初詣は例年日本一の参拝者数を集める神社としても知られます。そのほか、大相撲横綱土俵入りや、こどもの祭まで幅広い祭典と行事、厄祓い、祈願をとりおこなっております。加藤清正が掘ったと言われる清正井(きよまさのいど)や明治天皇のおぼしめしにより昭憲皇太后のために植えられた、美しい花菖蒲など、多くの見どころがあります。
明治45年7月30日に明治天皇、大正3年4月11日には昭憲皇太后が崩御になりましたが、国民から御神霊をお祀りして、御聖徳を永遠に敬い、お慕いしたいとの熱い願いが沸き上がり、大正9年11月1日(1920年)に両御祭神と特にゆかりの深い、代々木の地に御鎮座となりました。
<明治神宮ホームページより>

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク