烏森神社 御朱印

カラフルで季節ごとに限定御朱印が授与される烏森神社。
赤・黄・青・緑の4色の巴紋と烏をあしらった社紋からなる通常御朱印。

色みくじ・鈴守を受けた方にはその証としてそれぞれの透かし印も押されます。

平成の最後に「平成結び詣り」の限定御朱印をいただきました。

そして令和元年にはキンキラキンの「改元限定御朱印」!
あまりの人気に2019年7月まで授与されるとのことです。

御朱印一枚にお守りをひとついただけます。

烏森神社は、@JR新橋駅からワンブロック先にある都会の神社。

脇から入ってしまうとかなりわかりにくいので通りの鳥居から参拝することをお勧めします。

 

授与品も豊富で飽きません♪

 

都会のモダンな建築がとても素敵な神社です。

東京8社を巡る「福めぐり」にも協賛しています。

「福めぐり」の詳細はこちらでご紹介しています。

烏森神社

御祭神:倉稲魂命<ウガノミタマノミコト>・天鈿女命<アメノウヅメノミコト>・瓊々杵尊<ニニギノミコト>
所在地:東京都港区新橋2-15-5
電話: 03-3591-7865
交通アクセス: JR山手線・都営浅草線 新橋駅 徒歩2分
初穂料:500円


平安時代の天慶3年(940年)に、東国で平将門が乱を起こした時、むかで退治で有名な鎮守将軍藤原秀郷(俵藤太)が、武州のある稲荷に戦勝を祈願したところ、白狐がやってきて白羽の矢を与えた。その矢を持ってすみやかに東夷を鎮めることができたので、秀郷はお礼に一社を勧請しようとしたところ、夢に白狐が現れて、神鳥の群がる所が霊地だと告げた。そこで桜田村の森まできたところ、夢想のごとく烏が群がっていたので、そこに社頭を造営した。それが、烏森稲荷の起こりである。

<烏森神社ホームページより>

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク