日枝神社 御朱印

ふたば葵が素敵な御朱印頂きました〜!

引き換え札も由緒正しい神社の風格。


栞と記念木札も頂きました。


都内中心のどまんなかに巨大な鳥居、エントランスも広く、敷地の広い神社。


出世と恋愛成就の神様 七五三や初宮参りの参拝客で賑わっていました。


境内のふたば葵に目がいきます〜。


境内に狛犬ではなく「猿」が置かれています。
本殿に向かって左がメスの神猿像で、縁結びや安産のご利益が。
写真が本殿向かって右のオスの神猿像です。
本来、猿は山の守り神で、木や生き物を生み出し育てたと伝えられています。
それにあやかって物事を生み出す、発展させる「商売繁盛」や「社運隆昌」にご利益があると言われています。

日枝神社(ひえじんじゃ)

御祭神:大山咋神(おほやまくいのかみ)
相殿:国常立神(くにのとこたちのかみ)伊弉冉神(いざなみのかみ)足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)
所在地:東京都千代田区永田町2丁目10-5
電話番号:03-3581-2471
交通アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」出口2より徒歩3分/東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王駅」出口7より徒歩3分
営業時間:9時~17時
初穂料:500円

徳川時代、江戸城内に入御した御神輿を、三代将軍家光公以来、歴代の将軍が上覧拝礼する「天下祭」として盛大をきわめ、江戸三大祭の筆頭として、さらに京都の祇園祭・大阪の天神祭と共に、日本三大祭に数えられているお祭りで、例年6月に開催されます。

<山王祭ホームページより>

日枝神社は東京十社めぐりの参加神社です。
東京十社めぐりの神社紹介は以下のページをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク